banner.gif
地球とカモに優しいブログを目指しています!!
彼岸の鴨
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顎砕きMAX。
東京駅、大丸の向い
東京駅の八重洲サイドは普段は地下街だけを通って、
地上はスルー気味ですが……
山梨県のアンテナショップ
大丸の向いから、本屋の丸善に出る路地に入ると途中、
今富士山の世界遺産登録で注目を集める山梨県のアンテナショップがあります。
吉田のうどん 顎砕きMAX
ソコで販売されている特産物の一つが“顎砕きMAX”と言う物騒な名前の生うどん。

数年前からB級グルメとして注目を集める“吉田のうどん”を題材に、
地元の高校生が企画・開発した究極の“コシ強”麺なんだそうです!!
レンジで調理……
“レンジ調理のみ”の我が家はうどんをチャント茹でるのに適してませんが、
コレには凄く興味を惹かれたので強引に強行してみる事に……
20分後
20分茹でて、冷水で1分シメて……
レッツ チャレンジ!!
あまり“吉田のうどん”らしさは出ませんが、取り敢えず麺汁をセコンドに付けて
顎砕き(砕かれ)勝負に挑んでみる事に!!
強靭なコシ……
結果:顎は健在です!!<笑。

でも、ホント、中心まで火が通っている事実を感じさせない硬さですな……
(ソレも、太い麺の全体が“芯”だ!!って感じで。)

肉の筋と違って噛み切れないって訳じゃないのだけど、
噛み付いた歯がユックリとしか麺の断面に沈んで行かないのが逆に辛い感じ。

面白い素材ではあるので、何時か何処かの店でチャント調理されたモノを試してみたいですね♪
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 華もなく孵化もなく. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。