banner.gif
地球とカモに優しいブログを目指しています!!
彼岸の鴨
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
士ドラガオン、シュート!!
歴代ドラガオン4機
爆テクの顔であるドラガオンもいよいよ4代目が登場!!

士(じげん)ドラガオンは4つのモードを使い分ける技術派です。
重心がマグネットより少し上……
さて。士ドラガオンを平な面に置くと、重心の関係か、
大体マグネットより少し上(頭に近い)の場所が自然と真下にくる感じですね。

マグネットマーク自体は平らになっているので、
気を付けて爆丸をセットすればOKですが、
マグネットを下に士ドラガオンをセットした時は
どうしても頭のメタルが球体のバランスを崩したがるようです……
士ドラガオン、シュート!!
まあ。公式フィールドのシュートラインの穴にセットすれば
ほぼ確実にマグネットを下に固定して、ソコからサイドスピンシュートも良好♪
スタンドした勇姿
ストレートなコロコロ転がしでも華麗にスタンドを決めてくれます!!
壮大にコケた!!
……が、勢い良くシュートした場合、結構な確率で引っ繰り返っちゃってました!!<汗。

ヤハリ重心が……と言うより、ピンポイントで頭のメタルが悪いんでしょうな~。
(でも36mm爆丸のメタルはコンバート出来ませんし……汗。)
頭を後ろ向きにセットしてシュート!!
色々試してみた処、どのモードにセットしていても
士ドラガオンの頭を前に向けて勢い良くストレートシュートすると高確率で
ポップアウト時に自らゲートカードからダイブを決めてくれる事が判明しました。<涙。

しかし、頭を後に向けてセットした場合……
ピタッと止まる~♪
3次元・4次元の士ドラガオンの伸びた首がゲートカードを叩いて
ピタッと止まる!!スタンドがほぼ確実に決まる♪

(コレは初代ファルコの尻尾が前を向いた時と同じ原理ですね……向きは逆ですが。)
“首の伸び悩み”……
逆に3次元・4次元で頭が前を向いている時は、
コロコロ転がしでスタンドが無事に決まっても、
(商品同梱の断り書きに記載されている通り)
首が伸びきらないポップアウト不良が多発する事があるのですが、
頭が後を向いている時はコチラの心配もなくて良い事尽くめって感じです♪
おしりでガード♪
4次元の下った翼の方が伸びた首よりゲートカードの防衛に適した感じ
(相手が狙える隙が少ない)ですし、
コレからは士ドラガオンは4次元で頭を後に向かせてシュートする事にしました♪
(伸びた首の方が味方のダブルスタンドに使える空きが多いしね。)
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 華もなく孵化もなく. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。